デリケートゾーンのにおい対策はこれだ

たとえばサウナや温泉に女友達同士で行くと、脱衣所で裸になります。
その時に気になるのはデリケートゾーンのにおいで、このにおいは同性でも感じの良いにおいではないでしょう。

 

あからさまに指摘をしないまでも、なんだか不衛生な人だと思われてしまいそうです。
実はその当人がデリケートゾーンのにおいには悩んでいるのです。
ではどうすればこのにおいを無くすことができるかを考えてみましょう。

 

基本は優しくケアすること

デリケートゾーンは人体のなかでも皮膚や肌とは異なり粘膜質です。
粘膜質は外部からの刺激に敏感に反応しますから、洗う時に手荒くしたり刺激性の強い石鹸を使うことは避けなければなりません。
すなわちデリケートゾーンのにおいを取り去るには清潔にすることですが、
その方法はできるだけぬるま湯と指の腹で優しくあらうことです。

 

デリケートゾーンにおい対策は体内から

デリケートゾーンからは体内の分泌物が輩出されますから、それがにおいの原因になることがあります。
これは動物性の脂肪の摂り過ぎが原因の場合がありますから、日頃の食生活に注意しましょう。
そして蒸れないようにすることも大切ですからナプキンはいつも取り換えましょう。
さらに矛盾するようですが、乾燥もにおいの原因になるので保湿のケアも必要です。

男性の8割超えがデリケートゾーンの臭いが気になった

他人に言えない悩みにデリケートゾーンのにおいがあります。
言わなくてもにおいがきつくなると周囲にも分かってしまうことがあります。

 

これは身体にあるアポクリン汗腺が大きな原因でもありますが、普通の石鹸で
デリケートゾーンを洗い過ぎて、必要な菌まで洗い流すことが原因にもなります。

 

 

デリケートゾーンを弱酸性に保てない

デリケートゾーンの粘膜を弱酸性に保つ菌を、洗い過ぎで流してしまうことも臭いの1つです。
つまり、膣内の自浄機能が低下させ、きれいにすればにおいが無くなると勘違いした結果、
においがますますひどくなるのです。

 

このような悩みを解決するのは消臭スプレーではなく、
きちんとした薬用の石鹸で膣を弱酸性に保つようにしなければなりません。

 

 

衝撃のアンケート結果

男性を対象にしたアンケート調査で女性のデリケートゾーンのにおいが気になるという答えは84%にもなりました。
それでは女性にそのことを言いましたかと言う質問には「いいえ言いませんでした」が何と92%です。

 

つまり男性は女性のデリケートゾーンのにおいが気になっても、それを面と向かって言わないのです。
これで思い当たる人が多いのではないでしょうか。

 

 

つまり誰からも指摘はされていませんが、かなり臭っている可能性があるということですので、
デリケートゾーンのにおい対策は、少しでも早く取りかかった方がいいということです。

更新履歴